早漏は自分で治せるのか?

早漏は自分で治せるのか?

 

私が何故射精コントロールに興味を持ったかと言うと、ある友人の話を聞いたからに他なりません。
誰しも親友と呼べる人が一人はいると思います。
私にも親友が一人いて、その男には下(しも)の話しも比較的赤裸々に話せるのですが、ある日、下の話をしていて衝撃的な事をその男が言います。
正直、私には信じがたい事なのですが、付き合いも長く、信頼に足るその男の言う事に嘘があるとは到底思えません。
なんとその男はこう言いました。

 

俺、割と射精のタイミング、自在なんだよ。

 

私は耳を疑いました。
まさか親友の口からそんな言葉が出てくるとは思いもよらなかったからです。
早漏である事を親友に打ち明けていない私は、その話しを平成を装って聞くのに大変苦労したのを覚えています。
何故なら、内心、猛烈に興奮していたからです。

 

 

射精コントロールが自然と出来ている親友

 

私の親友は非常にモテる男で、所謂イケメンであり、女性経験も豊富です。
その為か否か、女性を喜ばせる術を大いに心得ています。
セックスに於いても例外では無く、どうも話しを聞く限り、女性がオルガスムスに達するまでは自らは絶対に射精しないと言うのです。
つまり、誰に何を教わる訳でも無く、

 

自然と射精コントロールが出来る

 

様になっていたのです。
これは衝撃以外のなにものでもありませんでした。
「私はこんなに早漏で苦労しているのに!」
そんな風にも感じた程です。
只、ひとつだけ確信を持つことが出来たのも確かです。

 

射精コントロールは出来る

 

と言う事です。
信頼出来る友人が何気なく話している事を疑う余地はありません。
流石に未だに自らが早漏であったと言う事をその親友には打ち明けてはいませんが、親友のお陰で、射精コントロールテクニックが確かに存在すると言う事を知ることができたと言う訳です。

 

 

射精コントロールが出来れば早漏は克服できる!

 

私の心は決まりました。

 

射精コントロールを身につけよう!

 

射精コントロールを身につける事こそ即ち、早漏を克服すると言う事になるのです。
つまり、射精コントロールテクニックを身につけた時点で、早漏を自分で克服したと言う事になります。
彼が出来ると言っているのだから、絶対に出来るはず。
少なくとも、絵空事では無いのです。
試してみる価値は十二分にあります。

 

結果として、今はある程度の射精コントロールが出来るようになっています。
あの時、親友から話を聞かなければ、射精コントロールなんて都市伝説か、少なくとも自分には関係ない事と捉えていたに違いありません。
今は親友にこう言える様になりました。
「俺も多少はタイミングを調整できるんだよ。」
早漏を自分で克服した私には、多少に自身が漲っているはずです。

 

 

⇒私が実践した最短早漏改善法とは?