早漏防止薬の体験談

早漏防止薬の体験談

 

以前、射精コントロールが出来なかった私は、彼女とのセックスに相当悩んでました。
当時の彼女は年上で、しかも非常にモテる人だったのと同時に恋愛経験も豊富な人でした。
それだけでも私は焦っていたのですが、彼女との恋愛で最も悩んでいたのが彼女とのセックスです。
なにしろ私は早漏だったので、彼女が私とのセックスで、彼女があまり満足していない事が最も気がかりでした。
何せ経験豊富な彼女。

 

過去の男性とのセックスと比べて明らかに満足度が低いと思われているのではないか?

 

そんな思いがしょっちゅう私の心を支配していました。
更に、私が年下だったと言う事もあってか、変に余裕のある態度をとられるのも嫌だったし、何しろモテる人だったので、私に満足できなければ、すぐに他の男性に乗り換えられるのではないかと言う恐怖心をいつも抱えていました。
普段は極力余裕のある態度を装っていた私ですが、彼女との恋愛は不安で一杯だったのです。
何もかもが私より一歩先にいる彼女。

 

せめてセックスで彼女を夢中にさせることができれば!

 

これは私にとってかなり切実な思いだったのです。

 

 

彼女との旅行

 

そんなある日、彼女と旅行へいくと言う話しがでました。
軽井沢へ2泊3日の旅行です。
普段は弟キャラな私ですが、せめて旅行のときはカッコいい男でいたい。
私は徹底的に旅行先のリサーチを行い、彼女を最大限に楽しませる事に心血を注ぎました。
只ひとつだけ心配な事があります。
そう、セックスです。
2泊すると言う事は、2回はセックスをすると言う事になります。
完璧な計画で最高の日中を過ごしたとしても、夜のセックスがお粗末なら、その日は台無しになってしまいます。
少なくとも私はそう思っていました。
とは言え、旅行までの数日間で私の早漏が治るわけでもありません。
そこで色々と調べたところ、なんと、早漏防止薬と言うものがある事を知ります。

 

これならば大丈夫だ!

 

そう思った私は早速通販でその薬を入手しました。

 

 

早漏防止薬に感想

 

結果として、一応早漏を抑える事はできました。
一応といったのにはいくつかの理由があります。
確かに早い射精感は抑える事ができました。
ただ、

 

それ以外の感覚が台無しになってしまったのです!

 

私が試した早漏防止薬は、局部に塗布して使用するものなのですが、要するに、局部の感覚を麻痺させる効果のあるものなのです。
塗布して10分くらいすると、局部が異様に熱く感じられ、それと同時に性的に快感も感じなくなってしまいます。
要するに、人工的に不感症を作り出すと言う理屈なのでしょう。
私はその状態のまま彼女とひとつになりましたが、彼女とのセックスよりも、自分の局部に感じる異様な感覚が気になってしかたなく、我慢できなくなってしまい、結局、途中で止めてしまいました。
これなら普段のセックスの方が何倍もマシです。
勿論、いろんな薬があるので、一概にと言う訳ではないでしょうが、少なくとも私が試した早漏防止薬はそれほど良好なものではなかったのが事実です。

 

それ以来、私は自力で早漏を改善する事を心に決めました。

 

因みに、その彼女には数ヵ月後にフられてしまいまったと言うオチもつきます。

 

 

⇒私が実践した最短早漏改善法とは?