騎上位好きな彼女

騎上位好きな彼女

 

パートナーの女性が騎乗位が好きな場合、早漏気味の男性にはちょっと酷かもしれません。
何故ならば、動きのイニシアチブを女性が持ってしまうからです。
パートナーの女性は、自分の感じやすい動きをする訳ですが、早漏気味の男性の場合、その動きで直ぐに射精感が訪れてしまい、結局いつもよりも早くいってしまったりします。

 

彼女の好みにも合わせたいけど、騎乗位だと直ぐにいってしまう・・・。
何かいい解決策はないのでしょうか?
実はあります。

 

先ずは普通に正常位で挿入し、ちょっと強めに腰を動かします。
まだ射精までに余裕がある状態で一度抜きます。
ここで若干インターバルをとり、再度正常位で挿入します。
大事な事は自分が射精までに余裕がある状態を保つ事です。
余裕がある状態で挿入⇒グラインドを繰り返します。
これによって女性に得られるのは焦らされる興奮です。
力技だけがセックスのテクニックではないのです。
暫くすると、予想以上にパートナーの女性が感じている事に気づくはずです。

 

 

女性は焦らされると興奮が増す

 

挿入⇒グラインドを繰り返し、又、彼女の好きな騎乗位に中々移行しない事で、彼女はどんどん焦れてきます。
出来るだけ焦らし、もったいぶる事で、彼女の期待感を高め易くなります。

女性は焦らされると興奮度が増すのです。

体だけではなく、脳でも快感を得ていると言う訳です。
パートナーの女性が騎乗位が好きであるならば、敢えて中々騎乗位に持ち込まずに焦らしてみましょう。

 

ややわかり難いかもしれませんが、要は、あなたに余裕がある状態で彼女が「もういきたい」と感じさせるのです。
焦らしが良いスパイスになり、彼女の絶頂を早めるのと同時に、インターバルを取ることが出来るために、あなたの絶頂までの時間を遅らせる事が可能になります。
つまり、こうやって、お互いのいく時間を調整すればいいのです。
結果的として、彼女のいくタイミングに合わせることが出来ます。
つまり、射精コントロールをすると言う訳です。

 

 

⇒ 【実践2週間】 最短早漏改善法とは?